ひな祭りにパパの出番って、ありますか?

ひな祭りにパパの出番って、ありますか?

ひな祭りに、パパからサプライズな演出。イチゴ大福を作ってみましょう!
3月3日は「ひな祭り」。女の子のすこやかな成長を祈る年中行事ですが、雛人形や桃の花を飾って記念撮影をしてみても、「女の子のお祭り」だけにパパの出番は少ないものです……。

そこでガイドが提案するのは、「パパからのサプライズ」。材料さえ揃えれば所要時間わずか30分程度の簡単な「いちご大福」レシピをご紹介します。パパの手作りスイーツでサプライズを演出し、「オトメのお祭り」を盛り上げてみてはいかがでしょう!


いちご大福の材料(10個分の目安)
こし餡……200g
いちご……中10粒
白玉粉……150g
砂糖…… 70g
水……200cc
片栗粉……適量


超簡単!いちご大福レシピ

少しずつ水を加え、よく混ぜる
1.白玉粉を水で溶く
少しずつ水を加え、よく混ぜます。

砂糖を加えてさらにまぜる。ダマにならないように最後に確認
2.砂糖を加える
砂糖を加え、さらに混ぜます。ダマになっていないことを指先で確認しましょう。

ラップをしたら電子レンジで加熱
3.電子レンジで加熱
耐熱容器にうつし、ラップをしたら電子レンジで約2分。ヘラでよく混ぜて、さらに約1分加熱。

ねっとりするまで練りましょう
4.生地を練る
加熱後、水に濡らしたヘラで生地をよく練ります。水分が飛びすぎていたら、水を少量加えてねっとりとするまで練ります。

片栗粉をまぶし伸ばす
5.生地を等分する
生地を水にさらし、等分します。その後、片栗粉をまぶして薄く伸ばしておきます。

好みの分量の餡でいちごを包む
6.いちごを餡で包む
いちごはヘタを取り、大きすぎるようならカットして、好みの分量の餡で包みます。

餡を生地で包む
7.生地で包む
いちごを包んだ餡を生地で包みます。べとつくようなら片栗粉をまぶします。

片栗粉を振り払って完成!
8.全体に片栗粉をふり、払い、完成!
丸く包み込んだら全体に片栗粉をふり、払い落として完成です。

キッズの年中行事には、パパならではのサプライズを!

パパにも簡単!いちご大福で、オトメのお祭りにサプライズを!
いちご大福レシピ、いかがでしたでしょうか?今年の3月3日は週末ということもあり、家族でゆっくりとできるパパも多いようです。

今回は「オトメのお祭り」ということもあり、簡単レシピを紹介しましたが、「キッズの年中行事には、パパならではのサプライズがあったほうが盛り上がる」という一つの提案ですから、これに限らず自由な発想でサプライズを演出してみてはいかがでしょう?子供たちの心に、いつまでの家族の素敵な思い出として残ることでしょう!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。