元祖

いちご大福(いちごだいふく)は、餡を餅で包んだ大福に、イチゴを入れた和菓子の一種。餡は小豆餡を使う地域と、白餡を使う地域がある。 餡の他にイチゴのみ、イチゴと生クリームなど、さまざまなバリエーションがある。

生鮮食品であるイチゴを使用するため、冬から春にかけての限定商品として扱われることが多い。

歴史
昭和60年頃に生まれた、新しい和菓子である。「元祖」を名乗る和菓子屋が乱立し、正確な始まりはわかっていない。
元祖を名乗る店は、東京都新宿区住吉町、群馬県前橋市、三重県津市、三重県伊賀市、滋賀県大津市、岡山県倉敷市など和菓子屋がある。
大手製パンメーカーやコンビニチェーンによって、全国に広がった。


⇒もっと詳しく見る


⇒もっと詳しく見る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。