イチゴ

概要
栽培種の茎は短縮茎であり、葉の縁には卵形で粗い鋸歯がある3枚の小葉が集まって複葉を成している。花期は春から夏で、花弁は白く5-8枚。

現在の栽培種はオランダイチゴであり標準和名となっている。一般にストロベリーといえばオランダイチゴを指す。オランダイチゴはオランダの農園でバージニアイチゴとチリイチゴの交雑によってつくられた。一方で栽培種と区別するために、野生種をヘビイチゴやワイルドストロベリーと呼ぶこともある。

可食部は花托の発達したものであり、表面に分布する粒粒がそれぞれ果実である。このような形態をとるものをイチゴ状果という。独特の良い香りがあり、属名の由来にもなっている。属名の Fragaria はラテン語で「香る」の意。ビタミンCが豊富である他、抗酸化物質として知られるポリフェノールの一種であるアントシアニンを含む。生食の他、ジャムに加工されることも多い。受精すると花托の肥大が始まるが、一部受精していない雌しべがあるとその部位の肥大が弱くなる。したがって形の整った果実をつくるためには、全ての雌しべが受粉するようにすることが大切である。最近の受粉の作業はビニールハウス内にミツバチを放して行わせる。流通しているイチゴの多くはハウス栽培によるものである。

また、粒の大きさを揃えるなどの見た目や収穫時期を考慮しなければ家庭菜園でも比較的に容易に栽培できる。地方によっては、自家用に畦道の脇に栽培していることもある。

日本での生産量は年間約20万トンであり、そのほとんどは11〜6月に生産される。7〜10月の生産量は1万トン以下であって、5%にすぎない。冬から春に実をつける一季成りイチゴに対し、夏から秋にも実の成る品種は四季成りイチゴと呼ばれ、夏イチゴとも呼ばれている。



⇒もっと詳しく見る



⇒もっと詳しく見る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。