いちご大福の輸出

いちご大福もアメリカに輸出したいですね。
アメリカでは日本の食べ物が流行っているのでしょうね。

ニューヨークで「モチアイス」ブーム 

食感の良いもち生地で冷たいアイスを包んだ日本発の人気冷菓が、夏本番を迎えたニューヨークで「モチアイス」としてヒット、一般のスーパーマーケットの店頭にも並び、米国人主婦や若い女性を中心に静かなブームとなっている。

 モチアイスの原型ともいえるのは、ロッテ(本社東京)が1981年に発売し、人気を呼んだ「雪見だいふく」。米国ではロッテのほか、独自に製法を習得したロサンゼルスなどの日系メーカーの製品も販売されている。

 ニューヨークでは、俳優のロバート・デニーロが共同出資した有名日本レストラン「NOBU(ノブ)」(94年開業)が当初、メニューに載せずに提供していたが、注文が相次ぎ、食通の間から人気が広まっていった。

 東部ニュージャージー州の食料品店でモチアイスを買っていた男子学生(19)は「甘すぎないし、もちの質感がいいんだよね」と話していた。(共同)

ひな祭りにパパの出番って、ありますか?

ひな祭りにパパの出番って、ありますか?

ひな祭りに、パパからサプライズな演出。イチゴ大福を作ってみましょう!
3月3日は「ひな祭り」。女の子のすこやかな成長を祈る年中行事ですが、雛人形や桃の花を飾って記念撮影をしてみても、「女の子のお祭り」だけにパパの出番は少ないものです……。

そこでガイドが提案するのは、「パパからのサプライズ」。材料さえ揃えれば所要時間わずか30分程度の簡単な「いちご大福」レシピをご紹介します。パパの手作りスイーツでサプライズを演出し、「オトメのお祭り」を盛り上げてみてはいかがでしょう!


いちご大福の材料(10個分の目安)
こし餡……200g
いちご……中10粒
白玉粉……150g
砂糖…… 70g
水……200cc
片栗粉……適量


超簡単!いちご大福レシピ

少しずつ水を加え、よく混ぜる
1.白玉粉を水で溶く
少しずつ水を加え、よく混ぜます。

砂糖を加えてさらにまぜる。ダマにならないように最後に確認
2.砂糖を加える
砂糖を加え、さらに混ぜます。ダマになっていないことを指先で確認しましょう。

ラップをしたら電子レンジで加熱
3.電子レンジで加熱
耐熱容器にうつし、ラップをしたら電子レンジで約2分。ヘラでよく混ぜて、さらに約1分加熱。

ねっとりするまで練りましょう
4.生地を練る
加熱後、水に濡らしたヘラで生地をよく練ります。水分が飛びすぎていたら、水を少量加えてねっとりとするまで練ります。

片栗粉をまぶし伸ばす
5.生地を等分する
生地を水にさらし、等分します。その後、片栗粉をまぶして薄く伸ばしておきます。

好みの分量の餡でいちごを包む
6.いちごを餡で包む
いちごはヘタを取り、大きすぎるようならカットして、好みの分量の餡で包みます。

餡を生地で包む
7.生地で包む
いちごを包んだ餡を生地で包みます。べとつくようなら片栗粉をまぶします。

片栗粉を振り払って完成!
8.全体に片栗粉をふり、払い、完成!
丸く包み込んだら全体に片栗粉をふり、払い落として完成です。

キッズの年中行事には、パパならではのサプライズを!

パパにも簡単!いちご大福で、オトメのお祭りにサプライズを!
いちご大福レシピ、いかがでしたでしょうか?今年の3月3日は週末ということもあり、家族でゆっくりとできるパパも多いようです。

今回は「オトメのお祭り」ということもあり、簡単レシピを紹介しましたが、「キッズの年中行事には、パパならではのサプライズがあったほうが盛り上がる」という一つの提案ですから、これに限らず自由な発想でサプライズを演出してみてはいかがでしょう?子供たちの心に、いつまでの家族の素敵な思い出として残ることでしょう!

超簡単!いちご大福レシピ

超簡単!いちご大福レシピ
ひな祭りに、パパからサプライズな演出。イチゴ大福を作ってみましょう!
3月3日は「ひな祭り」。女の子のすこやかな成長を祈る年中行事ですが、雛人形や桃の花を飾って記念撮影をしてみても、「女の子のお祭り」だけにパパの出番は少ないものです……。

そこでガイドが提案するのは、「パパからのサプライズ」。材料さえ揃えれば所要時間わずか30分程度の簡単な「いちご大福」レシピをご紹介します。パパの手作りスイーツでサプライズを演出し、「オトメのお祭り」を盛り上げてみてはいかがでしょう!

いちご大福の材料(10個分の目安)
こし餡……200g
いちご……中10粒
白玉粉……150g
砂糖…… 70g
水……200cc
片栗粉……適量


超簡単!いちご大福レシピ

少しずつ水を加え、よく混ぜる
1.白玉粉を水で溶く
少しずつ水を加え、よく混ぜます。
砂糖を加えてさらにまぜる。ダマにならないように最後に確認

2.砂糖を加える
砂糖を加え、さらに混ぜます。ダマになっていないことを指先で確認しましょう。
ラップをしたら電子レンジで加熱

3.電子レンジで加熱
耐熱容器にうつし、ラップをしたら電子レンジで約2分。ヘラでよく混ぜて、さらに約1分加熱。
ねっとりするまで練りましょう

4.生地を練る
加熱後、水に濡らしたヘラで生地をよく練ります。水分が飛びすぎていたら、水を少量加えてねっとりとするまで練ります。
片栗粉をまぶし伸ばす

5.生地を等分する
生地を水にさらし、等分します。その後、片栗粉をまぶして薄く伸ばしておきます。
好みの分量の餡でいちごを包む

6.いちごを餡で包む
いちごはヘタを取り、大きすぎるようならカットして、好みの分量の餡で包みます。

餡を生地で包む
7.生地で包む
いちごを包んだ餡を生地で包みます。べとつくようなら片栗粉をまぶします。
片栗粉を振り払って完成!

8.全体に片栗粉をふり、払い、完成!
丸く包み込んだら全体に片栗粉をふり、払い落として完成です。
キッズの年中行事には、パパならではのサプライズを!

パパにも簡単!いちご大福で、オトメのお祭りにサプライズを!
いちご大福レシピ、いかがでしたでしょうか?今年の3月3日は週末ということもあり、家族でゆっくりとできるパパも多いようです。

今回は「オトメのお祭り」ということもあり、簡単レシピを紹介しましたが、「キッズの年中行事には、パパならではのサプライズがあったほうが盛り上がる」という一つの提案ですから、これに限らず自由な発想でサプライズを演出してみてはいかがでしょう?子供たちの心に、いつまでの家族の素敵な思い出として残ることでしょう!

いちご大福に限らず大福を食べる時には餅の部分も非常に大切な要素になってきますね。
上新粉といううるち米を加工したものですね。
こしがあって歯ごたえもあるおいしいお餅であってほしいものですね。
そして餡とイチゴが上手くミックスされているイチゴ大福を食べたいものです。

上新粉(じょうしんこ)は、うるち米を加工した粉である。

精白したうるち米を洗って乾燥させた後、少量の水を加えて製粉してふるいわけしたもので、主に製菓材料として使用する。非加熱の材料であり、製品にするには加熱の過程が必要となる。目の粗いものを新粉(しんこ)・並新粉、細かいものを上新粉、更に細かいものを上用粉(じょうようこ)と云う。用途は以下の通り。



⇒もっと詳しく見る


⇒もっと詳しく見る

菓子の餡

餡(あん、中国語馅 xiàn)、餡子(あんこ、中国語馅子 xiànzi)とは、元々饅頭などの点心の中に入れる具のこと。現在は、アズキをはじめとする材料を甘く煮た具や、でん粉を糊化した素材を指すことが多い。

概要
中華料理では小麦粉などで作った皮の中身として包みこまれる具を指すが、一般的な菓子で使われているものについては、仏教寺院などで肉食禁があるため、アズキを煮たものを他の具の代用にし、それが広まったからとされている。

日本では主にアズキを煮詰めて砂糖を加えたもの(豆沙餡)を指すことが多くなり、後に他の豆などを煮た物も含まれるようになった。

さらに、餅の上にかけるものも餡というようになり、「あんかけ」などに使う、でん粉に水分を加えて加熱し、糊化したものも葛餡など、餡という言葉で呼ぶようになった。中国において、料理にかける餡は「芡 qiàn」といい、別の概念である。

逆に、餡と同じく、菓子の中に包み込まれる具であっても、ジャム、クリーム、チョコレート、ピーナッツバターなど、西洋風のものは餡とは呼ばれず、別のものと捉えられている。

菓子の餡
小豆餡 - 饅頭などに入れられる最も一般的な餡であり、小豆の皮の状態および有無により種類が分かれる。
粒餡(つぶあん)・小倉餡(おぐらあん) - 小豆を砂糖で煮詰めたもの。
小豆の粒が、鹿の斑紋に似ていることから、鹿といえばモミジ、モミジと言えば紅葉で有名な小倉山(京都)との連想から。
潰し餡(つぶしあん) - 粒餡をつぶしたたもの。
漉し餡(こしあん) - こし器にかけ、皮を取り除いたもの。
晒し餡(さらしあん) - 漉し餡の水分を飛ばして粉末にしたもの。使う時は水分を加えて戻す。
白餡(白インゲンまたは白アズキ) - 小豆を用いた餡と比較して小豆色ではないため、この名称が付けられている。粒餡と漉し餡があるが、後者が一般的。饅頭の皮などにも使用される。他の味付けや色を加えられ練り切りなどの下地にされることも多い。
だだちゃ餡(大豆)
緑豆餡(リョクトウ)
芋餡、紫芋餡(サツマイモ)
栗餡(クリ)
鶯餡(青エンドウ)
蓮の実餡(ハス)
黒胡麻餡、白胡麻餡(ゴマ)
ピーナッツ餡(ラッカセイ)
胡桃餡(クルミ)
冬瓜餡(トウガン)
棗餡(ナツメ)
バナナ餡(バナナ)
葛餡(クズまたはジャガイモ) - 葛から取ったでん粉を煮溶かした物であり他の餡とは異なるが、みたらし団子などで使われる。安価な物はジャガイモなどのでん粉が用いられる。


⇒もっと詳しく見る



⇒もっと詳しく見る

イチゴ

概要
栽培種の茎は短縮茎であり、葉の縁には卵形で粗い鋸歯がある3枚の小葉が集まって複葉を成している。花期は春から夏で、花弁は白く5-8枚。

現在の栽培種はオランダイチゴであり標準和名となっている。一般にストロベリーといえばオランダイチゴを指す。オランダイチゴはオランダの農園でバージニアイチゴとチリイチゴの交雑によってつくられた。一方で栽培種と区別するために、野生種をヘビイチゴやワイルドストロベリーと呼ぶこともある。

可食部は花托の発達したものであり、表面に分布する粒粒がそれぞれ果実である。このような形態をとるものをイチゴ状果という。独特の良い香りがあり、属名の由来にもなっている。属名の Fragaria はラテン語で「香る」の意。ビタミンCが豊富である他、抗酸化物質として知られるポリフェノールの一種であるアントシアニンを含む。生食の他、ジャムに加工されることも多い。受精すると花托の肥大が始まるが、一部受精していない雌しべがあるとその部位の肥大が弱くなる。したがって形の整った果実をつくるためには、全ての雌しべが受粉するようにすることが大切である。最近の受粉の作業はビニールハウス内にミツバチを放して行わせる。流通しているイチゴの多くはハウス栽培によるものである。

また、粒の大きさを揃えるなどの見た目や収穫時期を考慮しなければ家庭菜園でも比較的に容易に栽培できる。地方によっては、自家用に畦道の脇に栽培していることもある。

日本での生産量は年間約20万トンであり、そのほとんどは11〜6月に生産される。7〜10月の生産量は1万トン以下であって、5%にすぎない。冬から春に実をつける一季成りイチゴに対し、夏から秋にも実の成る品種は四季成りイチゴと呼ばれ、夏イチゴとも呼ばれている。



⇒もっと詳しく見る



⇒もっと詳しく見る

ヒット商品

大福の中にいちごとあんが一緒になって入っている「いちご大福」という名前を聞いた時には少しびっくりしました。
いちごを餡で食べるのかと。

すこし食傷気味でしたが、実際にいちご大福を食べてみると思った以上に美味しかったです。

全く今までにはなかった組み合わせで新商品ができるのだと感心してしまいました。いちご大福って和菓子ですよね。
和菓子にも新製品が沢山出ているのでしょうが、私の耳に入ってきたのはほんの少しですね。

いちご大福がこのようにヒットする商品になるとは思ってもいませんでした。



⇒もっと詳しく見る



⇒もっと詳しく見る

元祖

いちご大福(いちごだいふく)は、餡を餅で包んだ大福に、イチゴを入れた和菓子の一種。餡は小豆餡を使う地域と、白餡を使う地域がある。 餡の他にイチゴのみ、イチゴと生クリームなど、さまざまなバリエーションがある。

生鮮食品であるイチゴを使用するため、冬から春にかけての限定商品として扱われることが多い。

歴史
昭和60年頃に生まれた、新しい和菓子である。「元祖」を名乗る和菓子屋が乱立し、正確な始まりはわかっていない。
元祖を名乗る店は、東京都新宿区住吉町、群馬県前橋市、三重県津市、三重県伊賀市、滋賀県大津市、岡山県倉敷市など和菓子屋がある。
大手製パンメーカーやコンビニチェーンによって、全国に広がった。


⇒もっと詳しく見る


⇒もっと詳しく見る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。